日本GAP協会公認 JGAP研修の概要


JGAP指導員基礎研修

日本GAP協会認定のJGAP指導員基礎研修です。2日間の研修を通じて、JGAPの基礎を学ぶことができるGAP初心者に最適な内容となっています。またケーススタディーは、現場で導入指導者を行う実務者向けの内容です。テストに合格することにより、日本GAP協会のJGAP指導員に登録され、「JGAP指導員カード」が発行されます。 


団体認証研修

生産者団体(JAなど)でJGAPに取り組む方法を学びます。2日間の研修で、ケーススタディーを通してJGAP団体認証のノウハウと生産者団体マネジメントの最先端テクニックを学びます。JGAP団体内部監査員の資格取得に必要な研修です。JGAP指導員の資格更新にも活用できます。


JGAP審査員研修

JGAP審査員になるための研修です。3日間の研修で、審査員に必要な知識、技能を学びます。JGAP審査員とは、日本GAP協会認定のJGAP審査・認証機関の管理の下で、農場およびJA等の生産者団体のJGAP審査を行う方々です。

JGAP審査員には、以下の種類があります。

(1) 審査員補:審査員又は上級審査員の立会いの下で、個別審査及び団体審査における農場の審査を担当することができる。

(2) 審査員:個別審査及び団体審査における農場の審査を担当することができる。

(3) 上級審査員:個別審査及び団体審査における団体事務局の審査と農場の審査を担当するここができる。

 

この研修は日本GAP協会が指定する審査員補登録の要件の一つとなっています。


ASIAGAP指導員差分基礎研修

ASIAGAP 指導員になりたい方向けの研修です。1日間の研修で、2018 年5 月に公開されたASIAGAP Ver.2.1とJGAP との差分(違い)を解説します。「ASIAGAP Ver.2.1」に沿った内容です。

研修の目的は、以下の通りです。

① 「ASIAGAP 総合規則2017 改定第1版」と「JGAP 総合規則2017」の違いを理解する。
② 「ASIAGAP Ver.2.1」と「JGAP 2016」の管理点、適合基準の違いを理解する。
③ ASIAGAP 指導員の資格をとる。
※本研修はJGAP 指導員、JGAP 上級指導員の方が受講可能です。